集落活動センターミライエ

2021年オープン予定の活動拠点となる「集落活動センターミライエ」について

奇跡の清流仁淀川流域にある日高村能津地区。

私たちの暮らす地区は、高知市から車で約30分、日高村の南に位置する集落です。仁淀川は近年「仁淀ブルー」「奇跡の清流」と呼ばれ多くの人々が訪れる場所にあります。

現在の人口は約430人(2019年4月)。地区にある小学校は2020年時点で生徒13人、保育園は11人と少人数です。

残念ながら人口が増える見込みはなく、『あと4年もすれば、保育園から子どもたちが居なくなってしまう』という問題に直面しています。

深刻な過疎化、地域から子供達がいなくなってしまうという状況を解決するため、地域活性化への活動が始まりました。

拠点となる集落活動センターミライエ


▲2021年オープン予定の集落活動センターイメージ図

追記2020年9月1日:コロナウイルス感染症の影響により、2021年オープン予定に延期となりました。

地域活性化活動は、拠点となる集落活動センター(※高知県が独自に取り組む中山間地域振興のための施設)を中心に行います。

施設内では観光事業・レストラン運営・特産品販売などを通して多くの方に能津地区を知ってもらうための取り組みを行います。

観光部門:ネイチャーバギー/リバーカヤック/SUPツアー

「仁淀ブルー」を楽しめるスポットや、地域の良さがわかるスポットを、四輪バギーやカヤック、SUPなどで楽しんでもらうためのツアーを提供します。

透明度の高い仁淀川をゆっくり眺めたり、人気のスポットを巡ったりと仁淀川流域を楽しめるツアーとなります。

田舎の美しさを知って、見て、楽しめるツアー内容になります!

観光部門は「NOZU ADVENTURE TOURISM」(NAT)として運営します!

NATのサイトは完成次第こちらのページでも公開します!

レストラン/テイクアウト:カフェテリアリーヴァ

地域の食材を利用したメニューを食べてもらえるバイキングや、気軽に利用してもらえるテイクアウトメニューを運営します。施設が完成する8月の開業を予定しています。

地域の食材を生かしたメニューを提供できるよう、県外からシェフをお招きし、レシピアドバイスをいただきながら運営への準備を進めています。

カフェテリアリーヴァの詳細はこちら

直販所・物販コーナー:ミライエマーケット

その他、施設内の物販エリアで仁淀川流域のお土産品はもちろん、地域の野菜・地域内の方にも手にとってもらえる商品を展開していきます。

観光で訪れた方も、地域の方も、気軽に便利に利用してもらえるような物販エリアとなります。

物販部門では地域外に向けてインターネットでの販売も展開していく予定です。

地域のための拠点としての機能

能津地区に訪れる、観光のお客様をおもてなしする場所となるミライエ。

ですがそれだけではなく、能津地区に住む住民たちの交流拠点としても活躍します。

色々な活動に利用してもらえる多目的スペース

ミライエの施設内には、ワークショップやイベントなどに活用してもらえる多目的スペースを用意しました。

予約制で活用し、地域の方々の色々な活動に役立てて欲しいと思っています。

現在は「生活部」として活動する地域のママたちが集まって、色々な活用方法や多目的スペースを生かした地域活性の取り組み内容を計画中です。

子供達の居場所となるキッズスペース

能津地区には子供達が集えるようなお店はありませんでした。

ふらっと立ち寄れるような、交流拠点となるような場所が欲しいという意見を反映し、ミライエには、子供達が気軽に過ごせる場所としてキッズスペースを完備します。

地域の相談事などを受け付ける事務所

ミライエの運営には地域の困りごとなどに対応する「集落支援員」が携わります。

ミライエの中に事務所を構えていますので、地域の方に気軽に立ち寄っていただき、色々な意見が集約できる場所として利用していただきたいと考えています。

ミライエは、能津地区活性化の活動拠点となります!

 

ご紹介したように、「移住者をもっと増やさなければ能津から子供達の声が聞こえなくなってしまう」といった危機感を抱いた住民たちが「移住者を増やそう」と動き始めたのが集落活動センターを建設することになったきっかけです。

レストランや観光事業などの活動は全てより多くの人に能津を知ってもらうため。

そして地域をもっと盛り上げて、住民サービスも高め、今よりも住みやすい場所にすることが一番の移住者を増やす近道となると考えています。

集落活動センターミライエで行う事業を通して、より多くの人にまずは能津地区を知ってもらい、より過ごしやすい環境にできるよう、活動していきます!